真菌にすぐに効く薬は?市販の水虫治療薬

足の指の間が異様に痒い、じゅくじゅくした状態であれば、水虫にかかっている恐れがあります。水虫とは白癬菌といわれる真菌が原因の症状で、他人にうつる可能性が高いものです。家族にうつしてしまう恐れがありますので、水虫が疑われるなら早めに治療を開始することをおすすめします。
一昔前まで、水虫治療は病院でないと難しいとされていましたが、現在では市販品でも優れた効果を持つ水虫治療薬が発売されていますので、それを利用してもよいでしょう。市販の抗真菌薬には塗り薬が多く、中には患部に直接触れずに済む、スプレータイプのものも存在します。
この中からすぐに効く薬を手に入れたいでしょうが、残念ながら、市販の抗真菌薬に即効性を求めることは難しいのが現状です。市販薬は副作用が出ないように、弱めの効き目に調整されているため、すぐに効く薬ではなく、時間をかけて改善を目指すタイプのものが大半です。
すぐに効く薬を求めるなら、やはり病院にて水虫治療を行うのが、適切でしょう。しかし、病院の薬も即効性がある訳ではありません。使われる薬にもよりますが、足の水虫治療では3ヶ月程度の時間がかかるといわれています。症状の緩和までなら2~3週間ほどで効き目があらわれますが、完治した訳ではありませんので、根気よく薬を塗り続けなければなりません。
水虫の中でもしつこいのが、爪の部分にできる爪水虫という症状です。爪水虫の場合は市販の塗り薬では効果が期待できませんので、必ず病院で治療を行いましょう。爪水虫に対しての治療は、基本的に飲み薬が使用されます。すぐに効く薬はなく、治るまでに半年から1年以上かかるとされており、普通の水虫よりも根気が必要になります。



ページトップへ