水虫治療に赤みの傷があったらクロロマイセチンで治療

水虫は皮膚の表面がめくれているだけに見えても奥深くまで菌が入り込んでいることもあるため、治療を行わないとどんどん悪化して水疱ができたりただれたりするなど傷が酷くなって痛みを伴うようになってしまいます。ここまで悪化してしまった時には赤みのある傷を先に治すことが大切です。治さずに水虫治療薬を使ってしまうと、傷口を悪化させてしまうためです。

水虫のできている部分を綺麗に洗って良く乾燥させたら、殺菌や消毒をできる薬を塗布し、その後クロロマイセチンなどの抗生物質の軟膏を塗り、その上に傷薬を塗っていき、一般的な水虫治療薬はしばらく使わないようにします。クロロマイセチンは軟膏のほかにクリーム剤と外用散剤もあります。怪我ややけどをしてしまった部分が細菌感染してしまうのを防いだり、感染して病変した部分に塗布する薬で、水虫の悪化で赤みのある傷になったときにも有効性があります。中々治らない場合は医師や薬剤師を頼りましょう。

クロロマイセチンなどの塗布により赤みがなくなってきたら、水虫治療に取り掛かります。このときも清潔は大切ですから、しっかり患部を洗って乾燥させてから薬を用いるべきです。殺菌作用がある薬だからといって、洗わないで使ったりすると治りを遅くしてしまうことがあります。いつでも清潔にすることが習慣となれば、新たに水虫ができないように予防にもなります。抗生物質も水虫治療薬も過去に使用して体に変化があった人は使うことができません。元々アレルギー体質の人は医師に相談して使っても問題が無いか確かめるべきです。他の病気を患っていると使用に慎重にならなければならないこともあるため、診断を受けずに水虫治療や傷の治療を行うことは避けるべきです。



ページトップへ