水虫は夏に再発しやすい

足がむずむずと痒くなり、皮膚が剥けるなどの症状が起こる皮膚疾患を水虫といいます。水虫は、痒くなるだけではなく、強い痛みや出血が起こることもあり、再発のしやすい病気のため、水虫治療は難しくなっています。
水虫が起こる原因は、皮膚の角質をエサにして成長し、増殖していく「白癬菌」というカビの一種である菌が、足の皮膚に住み着くことで起こります。白癬菌は、私たちの周りに多く存在していて、皮膚に付着することで発症します。
この白癬菌は、高温でジメジメとした湿気のある場所で活発に活動をするため、靴の中など蒸れやすい環境を好むので、約9割が足の指や足の裏などに発症するとされています。
特に、梅雨から夏にかけて気温が高くなる時期に活発になりやすく、「水虫の季節」と呼ばれることもあり、一度水虫治療をしたと思っても、再発しやすい時期になっています。また、冬でもブーツなどで蒸れやすくなっている足には発症しやすくなるので、しっかりと対策をすることが重要です。
白癬菌は、風呂場やキッチンなどの水回りや、湿気のこもりやすい寝室や畳、カーペットなどに存在していることがあります。銭湯やプール、スポーツジムなど公共の場では、水虫に感染している人が使ったものを共有していることもあるので、注意しましょう。
水虫治療には、さまざまな治療法がありますが、かゆみなどの症状が治まってしまうと水虫治療をやめてしまうことがあります。症状が治まっても白癬菌が奥深くに住み着いていることもあるので、水虫治療をやめる時には、必ず医師に相談してからにしましょう。また、再発を防ぐためには、日頃から足の指や足の裏を清潔にして、乾燥させるように心がけておくといいですね。



ページトップへ