乾いたタイプの水虫に強力に効く薬で水虫治療

一昔前までは水虫は男性の病気というイメージがありました。近年では老若男女問わず水虫患者が増加中だそうです。
水虫は白癬菌というカビの一種が、足の指や裏、手の指の間など皮膚の角質や、皮下組織に侵食する事
によって炎症などを起こします。症状は水泡や皮膚のはがれ、痛みやかゆみを伴う場合もあります。
水虫は、乾いた角化型と湿った小水泡型の2タイプがあります。湿ったタイプは発見しやすいのですが、乾いたタイプは痛みも
かゆみも伴わないので気がつかなかったり、放置してしまう場合が多いのです。
放置しておくと皮膚が厚くなってひび割れを起こしたりします。家族間や、公共の場のプールなどでも感染してしまうので、
正しい水虫治療が必要です。
乾いたタイプの水虫治療はどのようにしたらいいのでしょうか。
もちろん皮膚科に通院して強力に効く薬を出してもらうのが一番最適な水虫治療です。しかし、時間も無く、何度も通院など
出来ないという人も多く、そのうちに行こうと後回しにしてしまって気が付いたら広範囲に感染していたというケースも良くあります。
痛みもかゆみも伴わないが故に、被害拡大してしまうのです。乾いた水虫はそこが厄介な所です。
最近は水虫治療に強力に効く薬が、市販でも多く出回るようになりました。以前は病院でしか処方できなかった薬が、
市販でも購入できるようになっています。随分とそれで良くなった完治したという人も多くいますので、放置せずに薬局に
相談してみるのも良いでしょう。
乾燥タイプに強力に効く薬を選ぶ時には、成分に「ラミーシール」という成分が配合されている物がお勧めです。
短期間で簡単に治る事は有りませんが、何ヶ月も通院するよりは、自宅で根気良く塗る方が楽だと思います。
根気強く、治していって下さい。



ページトップへ