フルコート軟膏は水虫治療の治療薬としては対応しない

皮膚の症状にとてもよく効く薬にフルコート軟膏というのがあります。これを少量塗っただけでいろいろな皮膚疾患がすぐ治ってしまう治療薬なので、水虫治療にも良いのではないかと考え、使う人がいますが、これはまったく違います。フルコート軟膏はステロイド外用剤というものですが、水虫菌は白癬菌であってまったく対象とは違います。フルコート軟膏は真菌、細菌、ウイルスには対応しないのです。なので、もし塗ったとしても水虫治療にはまったく効きません。それどころか、フルコート軟膏の使用説明書に、もし水虫のような症状が現われたら副作用の可能性があるのですぐに使用を中止するようにという旨の注意書きがあるほどです。一度塗っただけでそういう症状が現れるとは考えられませんが、水虫治療には合わないのです。ちなみに、かゆみを止めたいと考えて虫さされの薬を水虫につける人もいますが、こちらも白癬菌とは関係がないので治りません。虫さされのかゆみと水虫のかゆみは原因が違うので、かゆみが消えること自体ないです。水虫の原因である白癬菌は真菌なので、水虫治療には抗真菌薬を使わなくてはなりません。あるいは安息香酸とサリチル酸の薬です。このような治療薬を使って治します。抗真菌薬はいろいろなものが開発されていて、1日1回塗ればよいものなども生まれていますが、なにしろ水虫菌はなかなかなくならないので、長期間薬をつける必要があります。治療薬を塗り始めたら、かゆみ自体はすぐおさまるのですが、菌はまだいるので、そこで塗るのをやめてしまったらまたすぐかゆくなります。その後どんどん皮がむけてきまして、ある程度すると足の裏はきれいになるのですが、それでもまだ完治とは限りません。それからまだしばらく薬を塗り続けることが大事です。それによって初めて完治していくのです。



ページトップへ